ミヤマウツボグサ

トップ > シソ目 > シソ科

 「ミヤマウツボグサ」は北海道から本州中部にかけて分布するシソ目シソ科の多年草です。本種は「ウツボグサ」の変種とされ,亜高山から高山帯のやや湿った草地に生え,草丈は10cmから30cmくらいになります。
 葉は卵状長楕円形で縁には粗い鋸歯があり,対生します。花期は7月から8月で,茎の先に総状花序を付け,青紫色の花を多数咲かせます。「ウツボグサ」に似ていますが花の色が濃く,走出枝を出さないことで区別できますが,2種を区別しない説もあります。
→ウツボグサ