シュロソウ

トップ > ユリ目 > シュロソウ科

 「シュロソウ」は北海道から本州にかけて分布するユリ目シュロソウ科の多年草です。山地の林内や湿り気のある草原などで見ることができ,50cmから150cmくらいになります。
 茎は直立し,葉はその基部につき縦にしわがあります。花期は6月から8月で,茎の先に円錐花序をつけ,暗紫褐色の小さな花を多数咲かせます。名前の由来は古くなった葉がシュロのような繊維が残ることからつけられました。

 葉は基部に茎を囲むようにつきます。