ベニバナインゲン

トップ > マメ目 > マメ科

 「ベニバナインゲン」は花豆(はなまめ)とも呼ばれるマメ目マメ科の一年草です。メキシコの高原原産の帰化植物であり,日本へは江戸時代末期に観賞用として渡来しました。
 本格的な栽培が始まったのは明治時代に入ってからですが,寒冷な気候を好むため,北海道や東北地方,群馬県,長野県などで栽培されています。花期は7月から9月で紅色の花を咲かせます。花後には虎斑模様のある豆を付けます。
 写真は長野県の高地で栽培されているものを撮りました。