ヒナガヤツリ

トップ > イネ目 > カヤツリグサ科

 「ヒナガヤツリ」は本州から九州にかけて分布するイネ目カヤツリグサ科の一年草です。池沼や川岸のそばの湿地や水田などに自生し,草丈5cmから20cmになります。
 地下茎はなく,根元から多数の枝を出し,根出葉は扁平で柔らかく斜めに伏せて出ます。花期は7月から10月で,花茎の先に花序を付けますが,その先に長い苞葉を付けるため,茎の途中に花序を付けているように見えます。小穂は数個が掌状に付き,その集まりがさらに数個まとまって付きます。