イワショウブ

トップ > オモダカ目 > チシマゼキショウ科

 「イワショウブ」は本州の日本海側に分布するオモダカ目チシマゼキショウ科の多年草です。亜高山帯の湿地などに自生し,草丈20cmから40cmになります。
 葉は根生し,線形をしています。花期は8月から9月で花茎の先に総状花序をつけ,白色の6弁の花を咲かせます。花後には赤い実をつけます。名前の由来は葉がショウブのような形をしているところからつけられました。

 実は赤色をしています。