コケオトギリ

トップ > キントラノオ目 > オトギリソウ科

 「コケオトギリ」は北海道南西部から沖縄にかけて分布するキントラノオ目オトギリソウ科の多年草です。湿地や休耕田などに生育し,草丈5cmから30cmくらいになります。
 茎は4稜形で上部で分枝します。葉は広卵形で,オトギリソウ特有の黒点はなく,半透明の明点があります。花期は7月から8月で,5弁の黄色い花を咲かせます。似た種類に「ヒメオトギリ」や「アゼオトギリ」などがありますが,雄しべの数が5本から10本と少ないことで見分けることができます。

 「ヒメオトギリソウ」の葉は先がやや尖っているのに対し,本種は円くなっています。