シラネセンキュウ

トップ > セリ目 > セリ科

 「シラネセンキュウ」は本州から九州にかけて分布するセリ目セリ科の多年草です。山地の林縁や渓流沿いなどに生育し,草丈80cmから150cmになります。
 茎は細く中空で直立します。葉は3から4回3出羽状複葉になり,小葉は卵形で薄く縁には深い鋸歯があります。花期は8月から11月で,茎や枝の先端に複散形花序をつけ,白い5弁花をたくさん咲かせます。