ササバギンラン

トップ > キジカクシ目 > ラン科

 「ササバギンラン」は北海道から九州にかけて分布するキジカクシ目ラン科の多年草です。低地から山地の林床に生え,草丈は30cmから50cmになります。
 葉は卵状披針形で先が尖り,基部は茎を抱きます。花期は5月から6月で,穂状花序を伸ばして白色の花を数個咲かせます。本種は「ギンラン」に似ていますが,ギンランの草丈は10cmから25cm程度で,本種より小型であることで見分けることができます。