サンリンソウ

トップ > キンポウゲ目 > キンポウゲ科

 「サンリンソウ」は北海道から本州中部にかけて分布するキンポウゲ目キンポウゲ科の多年草です。亜高山帯の林縁や林床に生育し,草丈は15cmから30cmになります。
 根出葉は3出複葉で,側小葉はさらに2深裂します。茎につく葉は3枚が輪生し,3深裂します。花期は6月から7月で,花弁状の5枚の白い萼片をもつ花を咲かせます。1本の茎に花を3個つけることが名前の由来だそうですが,私は3個つけているものは見たことがありません。

 左の写真はサンリンソウの葉で,右はニリンソウの葉です。サンリンソウは葉柄がありますが,ニリンソウは葉柄が無く,茎を巻くように葉がつきます。