クルマバツクバネソウ

トップ > ユリ目 > シュロソウ科

 「クルマバツクバネソウ」は北海道から九州にかけて分布するユリ目シュロソウ科の多年草です。山地帯から亜高山帯の林内に生育し,草丈は20cmから40cm程度になります。  茎の途中で葉が6枚から8枚が輪生します。花期は6月から7月で,茎の先端に1個の花を咲かせます。花は外花被片と呼ばれる緑色の花弁のようなものをつけ,その中心に黒色の子房があります。本種は「ツクバネソウ」に似ていますが,輪生する葉の数がツクバネソウが4枚なのに対し本種は6から8枚あり,花の中央にある子房の色がツクバネソウが緑色なのに対し,本種は黒色です。

 花の様子です。
 下の植物は葉が4枚で一見すると「ツクバネソウ」のように見えますが,花を見ると「クルマバツクバネソウ」だということが分かります。