ルイヨウボタン

トップ > キンポウゲ目 > メギ科

 「ルイヨウボタン」は北海道から九州にかけて分布するキンポウゲ目メギ科の多年草です。山地の落葉広葉樹林の林内に生育し,草丈は40cmから70cmになります。
 葉は2回から3回3出複葉で,側小葉は卵形から長楕円形をしており,頂小葉は浅く3裂します。花期は4月から6月で,茎の先端に数個の花を咲かせます。黄緑色の花弁に見えるのは萼片で,花弁は花の中心部に小さくついています。

 葉が「ボタン」に似ていることが「類葉牡丹(るいようぼたん)」の名前の由来になっています。