ヒメウツギ

トップ > ミズキ目 > アジサイ科

 「ヒメウツギ」は本州関東地方から九州にかけて分布するミズキ目アジサイ科の落葉低木です。日本固有種であり,日当たりの良い乾燥した土地に生育し,樹高は40cmから1m程度になります。
 樹形は株立ちして,よく分枝します。葉は長楕円状披針形または狭卵形で対生し,縁は細い鋸歯があります。花期は5月から6月で,枝先に細い円錐花序を出し白色の花を多数咲かせます。花が綺麗なので,各地で植栽されています。

 葉には細い鋸歯があります。