イヌガヤ

トップ > マツ目 > イチイ科

 「イヌガヤ」は東北地方の岩手県から九州にかけて分布するマツ目イチイ科の常緑小高木の針葉樹です。広葉樹林や杉林の林内に生育し,樹高は6mから10m程度になります。
 葉は線形で葉先は尖り,互生します。本種は「カヤ」に似ていますが,カヤの葉は触ると痛みを感じますが,本種は葉が柔らかく触っても痛みを感じません。またカヤの実は食用できますが,本種の実は苦く,食用できません。

 写真のものは広葉樹林内に生育していました。