ミヤマニガイチゴ

トップ > バラ目 > バラ科

 「ミヤマニガイチゴ」は本州の東北地方から近畿地方にかけて分布するバラ目バラ科の落葉低木です。亜高山から高山帯の日当たりの良い林縁などに生育し,樹高は1m程度になります。
 茎や枝は無毛で,全体に小さな棘がまばらにあります。葉は3裂し中央は長く先が尖ります。縁は重鋸歯で互生します。花期は5月から6月で,ニガイチゴによく似た白い5弁の花を咲かせます。全体に「ニガイチゴ」に似ていますが,ニガイチゴの葉は側裂片が尖らず,鋸歯が粗いなどの違いがあります。
→ニガイチゴ