クルマムグラ

トップ > リンドウ目 > アカネ科

 「クルマムグラ」は北海道から九州にかけて分布するリンドウ目アカネ科の多年草です。山野の林内や山道などに生育し,草丈は20cmから50cm程度になります。
 茎は直立し,断面は四角形になります。葉は通常6枚程度が輪生し,長楕円形から披針形をしており,先は尖ります。花期は6月から7月で,茎の先端に4弁の白い花を咲かせます。本種は「オククルマムグラ」に似ていますが,オククルマムグラは葉が幅広く先は丸くなり,先端だけが短く尖ることで,見分けることができます。

 左は「オククルマムグラ」の葉です。葉は幅広く,先は全体に丸みを帯び,先端が短く尖ります。
 下の写真は「クルマムグラ」の葉です。オククルマムグラと比べると,葉は細く先は徐々に細くなります。