ラクウショウ

トップ > マツ目 > ヒノキ科

 「ラクウショウ」は北アメリカ原産のマツ目ヒノキ科の落葉針葉樹です。日本には明治時代以降に導入され,湿地や沼地,川辺や公園などで見ることができ,樹高は20mから50m程度になります。
 樹形はきれいな円錐形をしています。葉は細長く,秋には赤褐色に紅葉した後,落葉します。本種は「メタセコイア」に似ていますが,メタセコイアの葉や枝が対生するのに対し,本種は互生します。

 左が「ラクウショウ」で右が「メタセコイア」です。ラクウショウは枝や葉が互生し,メタセコイアは枝や葉が対生します。
 下はラクウショウの樹形です。