イトバハルシャギク

トップ > キク目 > キク科

 「イトバハルシャギク」は北アメリカ原産のキク目キク科の多年草です。日本への渡来時期は不明ですが,現在では観賞用として各地で植栽されています。
 草丈は30cmから40cm程度で直立します。葉は深く切れ込みがあり,糸状になって分裂します。花期は6月から9月で,茎の上部に8枚の舌状花を持つ黄色い花を咲かせます。