ヒルザキツキミソウ

トップ > フトモモ目 > アカバナ科

 「ヒルザキツキミソウ」は北アメリ原産のフトモモ目アカバナ科の多年草です。日本には大正時代に渡来し,観賞用として各地で植栽されています。
 草丈は30cmから60cm程度で,葉は披針形をしており互生します。花期は5月から7月で,白色または淡紅色の4弁の花を咲かせます。雌しべは先端が十字型になり,特徴のある形をしています。