シナノタイゲキ

トップ > キントラノオ目 > トウダイグサ科

 「シナノタイゲキ」は本州東北地方から中部にかけて分布するキントラノオ目トウダイグサ科の多年草です。主に山地で見ることができ,草丈は50cmから80cm程度になります。
 茎は直立し,葉は長楕円形で薄く,葉裏に白い軟毛が密生します。花期は5月から6月で,茎の先に葉が5枚程度輪生し,そこから柄を伸ばして花序をつけます。本種は「エチゴタイゲキ」とも呼ばれますが,写真は長野県で撮ったので,「シナノタイゲキ」の名前で標記することにしました。

 腺体は「ナツトウダイ」が三日月型をしているのに対し,本種は広楕円形をしています。