シラカンバ

トップ > ブナ目 > カバノキ科

 「シラカンバ」は北海道から本州中部にかけて分布するブナ目カバノキ科の落葉高木です。亜高山帯下部に生育し,樹高は20mから30m程度になります。
 日当たりのよい所を好み,先駆植物として知られ,森林が破壊された跡にいち早く侵入し,比較的短期間に大きく生長します。樹皮は白く,「ダケカンバ」と同じように紙状に剥がすことができます。葉は三角形をしており,縁には鋸歯があり対生します。花期は4月から5月で,雄花の根元から雌花を出し,次第に垂れ下がります。本種は「シラカバ」とも呼ばれます。