イワヒバ

トップ > イワヒバ目 > イワヒバ科

 「イワヒバ」は北海道から沖縄にかけて分布するイワヒバ目イワヒバ科の常緑性の草本です。比較的乾燥した岩場などで見ることができ,草丈は20cm程度まで生長します。
 本種は仮幹と呼ばれる幹のようなものがあり,そこから何十枚もの枝を放射状に出します。乾燥に強く,乾燥すると葉を内側に巻き込みます。名前の由来は,岩に生えて葉がヒノキに似ているところから「岩檜葉」と呼ばれています。