マルバハッカ

トップ > シソ目 > シソ科

 「マルバハッカ」は北海道から九州にかけて分布するシソ目シソ科の多年草です。ヨーロッパ原産の帰化植物であり,日本には明治初期に渡来し,その後野生化しました。
 茎は直立して,草丈30cmから80cm程度になります。葉は狭卵形から卵型で葉柄はなく対生します。花期は6月から9月で,枝先に穂状の花序をつけ,白色から淡紅色の花を輪生状に多数咲かせます。本種は「オランダハッカ」などと似ていますが,本種は茎が毛に覆われているのに対し,オランダハッカの茎には毛がありません。

 下は葉の様子です。