アベリア

トップ > マツムシソウ目 > スイカズラ科

 「アベリア」は19世紀中期にイタリアで作出されたとされる,マツムシソウ目スイカズラ科の落葉または半常緑低木です。日本には大正時代に渡来したと言われ,,現在では公園や道路沿いなどに植栽されています。
 樹高は1mから1.5m程度で,寒冷地では落葉しますが,暖地では葉を残したまま越冬します。花期は6月から10月頃と長く,枝先に白色の漏斗状の花を房状に咲かせます。和名は「ハナツクバネウツギ」または「ハナゾノツクバネウツギ」と呼ばれます。