タニジャコウソウ

トップ > シソ目 > シソ科 > ジャコウソウ属

 「タニジャコウソウ」は本州の関東地方から九州にかけて分布するシソ目シソ科ジャコウソウ属の多年草です。日本固有種であり,山地の林内や谷間に生育し,草丈は50cmから100cm程度になります。
 茎は直立または斜上し,多くは赤紫色を帯びています。葉は広披針形から長楕円形で先は尖り,縁には鋸歯があります。花期は8月から10月で,葉腋から筒状の唇形花を1個から3個つけます。本種は「ジャコウソウ」に似ていますが,ジャコウソウの花が淡紫色をしているのに対し,本種は赤紫色をしています。

 左の写真は「ジャコウソウ」です。花の色は淡紫色をしています。