アスナロ

トップ > マツ目 > ヒノキ科

 「アスナロ」は北海道南部から九州にかけて分布するマツ目ヒノキ科の常緑針葉樹です。日本固有種であり,山地に生育するほか,材木として利用するため各地で植林されています。
 幹は直立し,樹高10mから30m程度になり,樹形は錐形をしています。樹皮は灰褐色で,薄く縦に剥がれます。葉は厚く鱗片状で先は尖らず対生します。本種は「アスヒ(明日檜)」とも呼ばれます。