ヒメワラビ

トップ > ウラボシ目 > ヒメシダ科

 「ヒメワラビ」は本州東北地方から九州にかけて分布するウラボシ目ヒメシダ科の夏緑性シダ植物です。低山や里山の道端や林縁などで見ることができ,草丈は50cmから100cm程度になります。
 葉は3回羽状深裂から複生で,羽片には柄がありますが小羽片には柄がありません。本種は「ミドリヒメワラビ」に似ていますが,ミドリヒメワラビには小羽片に柄があることなどで見分けることができます。