イヌガンソク

トップ > ウラボシ目 > コウヤワラビ科

 「イヌガンソク」は北海道から九州にかけて分布するウラボシ目コウヤワラビ科の夏緑性シダ植物です。山地の林下などに生育し,草丈は30cmから80cm程度になります。
 葉は栄養葉と胞子葉の2種類があり,栄養葉は卵状広楕円形の1回羽状複葉をしています。胞子葉は栄養葉より短く羽片は裏側に反り返るように巻き,冬には枯れますがそのまま残ります。