ニセヌリトラノオ

トップ > ウラボシ目 > チャセンシダ科

 「ニセヌリトラノオ」は本州の関東地方から九州にかけて分布するウラボシ目チャセンシダ科の常緑性のシダ植物です。低山から山地の半日陰の岩場などで生育し,草体の長さは30cmから50cm程度になります。
 本種は「シモツケヌリトラノオ」と「カミガモシダ」の間にできた雑種と言われ,成熟した草体は両親種より大きくなります。葉身は1回羽状複葉で長い披針形をしています。