ベニシダ

トップ > ウラボシ目 > オシダ科

 「ベニシダ」は本州から九州にかけて分布するウラボシ目オシダ科の常緑性のシダ植物です。山地の林内や道端などで普通に見ることができ,葉の長さは30cmから70cm程度になります。
 根茎は短く匍匐して斜上して群生します。葉は2回羽状複葉で,羽片は15から20対つきます。若い葉は赤みを帯び,それが名前の由来になっています。