ツクバネ

トップ > ビャクダン目 > ビャクダン科 > ツクバネ属

 「ツクバネ」は本州から九州北部にかけて分布するビャクダン目ビャクダン科ツクバネ属の落葉低木です。山地の針葉樹林の林下や林縁に生育し,樹高は1mから2m程度になります。
 本種は雌雄異株であり,雄株と雌株は近くに生育しています。根はツガやモミなどの根に半寄生します。幹は直立しますが,よく分枝して枝先はやや枝垂れます。葉は長卵形から広披針形で対生します。花期は5月から6月で,雌花は枝先に1個つき,葉状の細長い苞が4個つきます。果実が実ると羽根つきの衝羽根(つくばね)に似ていることが名前の由来になりました。