マツバギク

トップ > ナデシコ目 > ハマミズナ科

 「マツバギク」はナデシコ目ハマミズナ科の低木または多年草です。南アフリカ原産で,日本には明治の初めに渡来し,観賞用やグランドカバーとして各地で植栽されています。「マツバギク」という名前はランプランサス属とデロスペルマ属の総称ですが,写真のものはデロスペルマ属の植物です。
 茎は木質化して匍匐し,よく分枝して大きな群落を作ります。葉は多肉質で,断面が三角の棒状になります。花期は6月から10月で,紫色の光沢のある細い花弁をたくさん付けた花を咲かせます。花は朝に開花して夕方には閉じます。