オッタチカタバミ

トップ > カタバミ目 > カタバミ科

 「オッタチカタバミ」は北海道から九州にかけて分布するカタバミ目カタバミ科の多年草です。北アメリカ原産であり,1962年に帰化が確認され,現在では畑地や草地,道端などで見ることができ,草丈は10cmから30cm程度になります。
 本種はカタバミとよく似ていますが,茎が太く直立することで見分けることができます。花期は4月から10月で,カタバミに似た花を咲かせます。

 茎は太く,直立することでカタバミと見分けることができます。