ブタクサ

トップ > キク目 > キク科

 「ブタクサ」は北海道から沖縄にかけて分布するキク目キク科の一年草です。本種は北アメリカ原産の帰化植物であり,日本には明治初期に渡来し,現在では道端や河川敷などで見ることができます。
 草丈は50cmから1m程度になり,葉は細く切れ込みます。花期は8月から10月で,雄花は黄色い小花が複数集まった房が細長く連なり,その下に雌花が数個咲きます。本種は風媒花で,開花すると花粉症の被害を起こします。

 左は葉の様子です。全体が三角形をしており,細かく切れ込みます。右は雄花の様子です。房の中には複数個の花があります。