ヒガンバナ

トップ > キジカクシ目 > ヒガンバナ科

 「ヒガンバナ」は,北海道から沖縄にかけて分布するキジカクシ目ヒガンバナ科の球根性植物です。秋の彼岸の頃に開花するためこの名前が付けられたという説があります。
 ヒガンバナには毒があるため,土葬をしていた時代には,死体がネズミやモグラなどに荒らされるのを防ぐために,墓の周りにヒガンバナを植えたと言われています。そのため,ヒガンバナの別名には,死人花(しびとばな),地獄花(じごくばな),幽霊花(ゆうれいばな)などの別名があります。