ツリガネニンジン

トップ > キク目 > キキョウ科

 「ツリガネニンジン」は北海道から九州にかけて分布するキク目キキョウ科の多年草です。山地の草原や林縁など生育し,8月から10月にかけて釣鐘状の花を咲かせます。
 名前の由来は,釣鐘状の花を咲かせ,根が朝鮮人参に似ているところから名前が付けられました。根は真っ直ぐに地中に伸び,60〜80cmくらいになります。この根は薬用になり,咳止めなどに使われます。