イロハモミジ

トップ > ムクロジ目 > ムクロジ科

 「イロハモミジ」は本州以南で自生するムクロジ目ムクロジ科の落葉高木である。日本で最もよく見られるカエデ属の種で,カエデ科の中で一番鮮やかで紅葉の代表種です。
イロハカエデ(いろは楓)などとも呼ばれ,葉は深く5〜9に分かれているので,それを数えるとき,「い・ろ・は・に・ほ・へ・と…」と唱えたことが名前に由来になっています。