マルバアサガオ

トップ > ナス目 > ヒルガオ科

 「マルバアサガオ」はナス目ヒルガオ科の一年草です。熱帯アメリカ原産であり,江戸時代に観賞用として移入され,現在では野生化したものが各地で見られます。
 茎はつる性であり,他のものに巻きつき,長さ2mから3mになります。葉は心形で先は尖り,互生します。花期は7月から9月で,漏斗型の花を咲かせます。花の色は紅紫色のほか,赤,青,白などいろいろなものがあります。アサガオは一般に朝に咲き,昼間には萎れてしまう印象がありますが,写真は午後2時頃に撮りました。