カワラハハコ

トップ > キク目 > キク科

 「カワラハハコ」は北海道から九州の河原などに自生するキク目キク科の多年草です。花弁に見える白いものは総苞片と呼ばれるものであり,実際の花は中央にある黄色い部分です。(写真のものは開き始めたばかりなので黄色の部分は見えません。)
 似ているものに,「ヤマハハコ」がありますが,ヤマハハコに比べると葉が細く,河原などの礫地や砂地などに生えることで区別がつきます。