セイタカアワダチソウ

トップ > キク目 > キク科

 「セイタカアワダチソウ」は北海道から沖縄にかけて分布するキク目キク科の多年草です。北アメリカ原産の帰化植物であり,日本には明治時代に切り花などの観葉植物として導入されました。
 河原や空き地などに群生し,高さは1mから2.5m程度にもなりますが,最近では背丈の低いものが多くなり,日本の秋の風景の一つになりつつあります。