リンドウ

トップ > リンドウ目 > リンドウ科

 「リンドウ」は本州から九州の湿った野山に自生するリンドウ目リンドウ科の多年草です。草丈は50cmくらいで,秋になると茎の先端に紫色の釣鐘状の花を数個つけますが,花を開くのは晴天のときだけです。
 リンドウの根を乾燥させたものを竜胆(りゅうたん)と言い,胃腸薬として利用されます。