クロバナヒキオコシ

トップ > シソ目 > シソ科

 「クロバナヒキオコシ」は北海道から本州の日本海側の比較的寒い地域に自生するシソ目シソ科の多年草です。8月から10月にかけて5mm程度の紫色の小さい花を咲かせます。
 この植物を乾燥させたもは「延命草(えんめいそう)」という生薬になり,昔,弘法大師が瀕死の旅人にこの葉の絞り汁を飲ませたら元気になったことが,「引起こし(引き起こし)」の名前の由来になったそうです。