キンミズヒキ

トップ > バラ目 > バラ科

 「キンミズヒキ」は北海道から九州の山野や道端などに自生するバラ目バラ科の多年草です。花は夏から秋にかけて黄色い5弁の花を下から順に咲かせてます。
 名前の由来は,タデ科の「ミズヒキ」に似ており黄色の花を咲かせるので,「キンミズヒキ」と付けられたそうです。また種子に多数のトゲがあり衣服などに付くところから,「ヒッツキグサ」の別名もあります。