イボクサ

トップ > ツユクサ目 > ツユクサ科

 「イボクサ」は本州から沖縄にかけて分布するツユクサ目ツユクサ科の一年草です。湿地や水田の畦などに生え,雑草の扱いを受けることが多い植物です。
 花期は9月から10月で,花弁の先が淡い紫色の花を咲かせます。葉の汁をつけるとイボが取れるといわれたことが名前の由来になっていますが,薬効は不明です。