ハクチョウソウ

トップ > フトモモ目 > アカバナ科

 「ハクチョウソウ」はフトモモ目アカバナ科の多年草です。北アメリカ原産の帰化植物で,日本へは明治時代の中頃に渡来しました。草丈は1m位になり,5月から11月にかけて次々と花を咲かせます。
 「ハクチョウソウ」というと「白鳥草」の字を思い浮かべがちですが,実際は「白蝶草」であり,花の形から名付けられました。また,淡いピンク色の花を咲かすところから「ヤマモモソウ」の別名があります。