エノコログサ

トップ > イネ目 > イネ科

 「エノコログサ」は日本全土で見られるイネ目イネ科の一年草です。道端や空き地などいたる所で見ることができ,夏から秋にかけて花穗をつけます。この花穗が犬の尾に見えるところから「犬ころ草」が転じてエノコログサと呼ばれるようになりました。また花穗を猫の前で振ると猫がじゃれつくところから「猫じゃらし」の別名があります。
 似た植物に「アキノエノコログサ」がありますが,エノコログサより花穗が大きく先端が垂れ下がります。