サラシナショウマ

トップ > キンポウゲ目 > キンポウゲ科

 「サラシナショウマ」は北海道から九州にかけて分布するキンポウゲ目キンポウゲ科の多年草です。広葉樹林内や草原などに自生し,草丈は40cmから1.5mくらいになります。花期は8月から10月頃で,花序を伸ばし白い小さな花をたくさんつけます。
 葉は食用にされますが,悪臭があるので,小川などの清流にさらしてあく抜きをして使われました。それが由来で「サラシナショウマ」の名前が付けられました。