キッコウハグマ

トップ > キク目 > キク科

 「キッコウハグマ」は北海道西南部から九州にかけて分布するキク目キク科の多年草です。低山から山地の森林内のやや乾いた木陰に生育しますが,小柄であり茎の根元に葉をつけるので,花が咲かない時期はほとんど目立ちません。花期は9月から10月で10cm〜20cmに伸びた茎に花を咲かせます。1個の花に見えるのは3個の小花からできています。
 葉が五角形になり,それを亀の甲羅に見立てたところから亀甲(きっこう)白熊(ハグマ)の名前が付けられました。