オクモミジハグマ

トップ > キク目 > キク科

 「オクモミジハグマ」は本州中部と西部の日本海側から九州北部にかけて分布するキク目キク科の多年草です。「モミジハグマ」の変種であり,モミジハグマが関東地方以西の太平洋側から四国・九州にかけて分布するのに対し,それより北に生育するので「奥」の文字が付けられました。
 山地の木陰などで見ることができ,高さは40cmから80cmくらいになり,8月から9月に白い独特の花を咲かせます。1つの花に見えるのは3つの小花からできています。

 「モミジハグマ」と比べると葉の切れ込みが浅くなっています。