クルマバハグマ

トップ > キク目 > キク科

 「クルマバハグマ」は本州の東北地方から近畿地方にかけて分布するキク目キク科の多年草です。山地の道沿いの木陰などに生育し,葉は車状に輪生します。
 花期は8月から10月で,花茎を伸ばし白い小さな花を咲かせます。名前の由来は,葉が車状に輪生するため付けられました。

←輪生する葉の様子です