ツワブキ

トップ > キク目 > キク科

 「ツワブキ」は東北南部から沖縄にかけて分布するキク目キク科の多年草です。日陰でもよく育ち,冬でも葉は枯れずに茂っているので,古くから園芸植物として育てられてきました。
 草丈50cmくらいで,10月から11月にかけて花茎を伸ばして黄色い花を咲かせます。
 葉柄は食用になり煮物やおひたしなどにされ,葉は民間薬として解毒や排膿などの効能があります。